ウォッカ 説明


ウォッカ(Vodka)とは大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなど穀物を原材料として作れたスピリッツです。
一般に無味無臭無色で、癖もそんなにないためカクテルとよく合います。
ウォッカの正確な起源は不明ですが、ロシアで12世紀ごろからつくられるようになったといわれています。
ウォッカという名称は「ズイーズナヤ・ヴァーダー(生命の水)」からで、それがヴァダ(水)に短縮され、
愛称形のウォッカ に変わったものといわれてます。

*画像クリックでamazonに飛びます。
スミノフ

アルバイト/バイト求人情報のSagooo 仕事応募プロモーション

ウォッカベース カクテル 一覧

    ----------------------------------------------------
  • ウォッカトニック
  • (材料)ウォッカ,ライム,トニックウォーター
    (アルコール度数)5〜10%  (味)さっぱり  (作り方)ビルド
    ----------------------------------------------------
  • スクリュードライバー
  • (材料)ウォッカ,オレンジジュース
    (アルコール度数)5〜10%  (味)さっぱり  (作り方)ビルド
    ----------------------------------------------------
  • ゴッドマザー
  • (材料)ウォッカ,アマレット
    (アルコール度数)35%程度  (味)甘い  (作り方)ビルド
    ----------------------------------------------------
  • ソルティドック
  • (材料)ウォッカ,グレープフルーツジュース
    (アルコール度数)5〜10%  (味)さっぱり  (作り方)ビルド
    ----------------------------------------------------
  • ビックアップル
  • (材料)ウォッカ,リンゴジュース
    (アルコール度数)5〜10%  (味)さっぱり  (作り方)ビルド
    ----------------------------------------------------

  
トップページ